ロベスピエールに、ポーの一族の予習、神々の土地の復習

こんばんわ!しばわんこです。

寒すぎて毎日のようにお鍋をしております。安定のおいしさ。最近は鍋の素がたくさんの種類でているので、大助かりです!簡単ですが、けして手抜きではございません…とはいえない…か

本日はこちら…

公演の予習してます?

先週の金曜日 、11/10に初日が開いたばかりの「ひかりふる路」。

副題にもあるように、トップ望海 風斗さんが演じているのは革命家 ロベスピエール。

時代は18世紀末。

以前月組で公演された「1789」や、ついこの間、星組で紅 ゆずるさんの

トップお披露目公演の「スカーレット ピンパーネル」

そして、忘れてはならない、「ベルサイユのばら」などなどと同じ、

いわゆるフランス革命を題材にしている作品です。

ところが、宝塚の公式HPの人物相関図ご覧になりました?

ちょっと、いや、かなり、

多くないですか???

見てみたけれど、正直、知らない人多すぎて。

そもそも、上記の公演で得た知識くらいしかなくてですね。

「1789」で出てきたので、ダントンとデムーランはロベスピエールの仲間だとか。

漫画のベルサイユのばらに出てきたのでサン=ジュストの名前くらいは知っているとか。

こんな浅~い感じでして。 😎

なるべくネタバレせずに、公演観たい派なので、ブログ情報なども気をつけて読んでいて。

でも、いろんな方が歌劇の座談会は、読んだほうがいい、予習必要とあって。

まぁさまのサヨナラ特集号なので買いましたが。

下級生の名前と顔が一致しない状態では、役名もきっと誰が誰やら訳分からん状態になりそうです……。あんまり、下級生、知らないので……。

特に、今回の作品、原作物ではないので、コレ読めばOKな本とかが有る訳じゃなく…。

どうしましょ?? 

っていうのが正直な気持ちです…。

東京でしか観られないので、まだ十分に時間だけはあるんですけどね~ 😉

ちなみに「ポーの一族」は、前から文庫本版を持っていたので、公演観る前に見ておこうかな~と思っていますし、ただいま公演中の「神々の土地」の実在の人物については、Wikiで調べたりしました。

作品が面白くて、好きになったら、自然と関連本を読んだり、映画観たり、ネットで調べたり…となるんですよね。

エリザベートについては、ありとあらゆる本や雑誌などなどを、買い集めましたよ。そういえば。「神々の土地」もブルーレイ買うくらい、好きな作品ですしね。

「ひかりふる路」も(きっと、まだ観てないけど)そんな作品だと思います!!

来年の東京公演待ち遠しいです!!

1回観た後には復習しまくってるかも!!ですね。…2回しか観ないんですけど……。

スポンサーリンク

シェアする