「ベルリン、わが愛」感想① かっこいい二枚目紅 ゆずるさんと美貌の女優綺咲愛里さん

こんばんわ!しばわんこです。

本日はやっとこちら

「ベルリン、わが愛」の好きなとこ

特に好きな場面を中心に、感想書いていきたいと思います。

今回は

テオ・ヴェーグマン 紅 ゆずるさん

ジル・クライン   綺咲 愛里ちゃん の2人について。

2人の出会いの場面。

レーニ音波 みのりさんにおされっぱなしのテオ。

でも目はジルに。もう気になってる感じがいいな~。 😉

もう好きな気持ちが生まれ始めてるような。

銀橋に座ってる宇宙にいるような場面。

少年が映写機をまわすと、舞台と客席がいったいになるような感覚に。

プログラムでこの少年役を確認したら

星蘭 ひとみちゃんでした!

観たときはわからなかったけど…。

2人の気持ちがハイネの詩を読みながら、近づいていく感じがいいですよね~。

さんのテオにはジルを好きな気持ちの前に

あたたかい人柄がにじんでる感じがありますよね~。

映画への情熱とともに。

ラストのベルリン駅から列車が発車する場面。

テオとジルが不安な思いもにじませながら、

強く抱き合い、希望を胸に新天地をめざす。

固く結ばれた2人の信頼し合っている様子と、

何者にも負けずに立ち向かう勇気、

そして、どんなに小さな希望も捨てない

強い気持ちを感じました。

ポスターを見たときは、ジルはもっと高飛車な女優さんなのかと…。

まあ、勝手に想像してただけなんですけど。 😛

実際の観た舞台は、やさしいけど、女優としては少し押し出しが弱い感じで。

でもだんだんと強く成長が見えて。

テオを好きになっていくほどに、女優としても成長していくよう。

美貌が女優であることに説得力ありますよね!!! 😀

紅さんテオはポスター見たときと一緒な感じで。まじめにいいひとで。

スーツの似合うかっこいい二枚目さんでした。

コメディはもちろんいいけど、今回の

すっとしたお役

ステキでしたね~。 😳

うたかたの恋でもステキなお芝居楽しみですね~。

は~、やっぱり観に行きたいですね~。 😮

スポンサーリンク

シェアする