宙組「WEST SIDE STORY」観劇 和希そらはアニータそのものだった!!!

こんばんわ!しばわんこです。

本日はこちら

宙組「WEST SIDE STORY」観劇

劇場内ロビーでパネル展示してました。

そのとなりに、いろいろあったんですが写メ取らなかったので…。

あと初演、再演のポスターの展示されてましたよ~。

16日と今日18日に観劇したんですが、

本当にチケット取れてよかったです!

3階のB席とA席だったんですけど。

あの劇場の空間にいられて幸せでした。 😀

真風涼帆トニーは若い青年そのものでした。目がキラキラしてて。

明るい未来しかないんじゃないかって思えるくらい、

真っ直ぐで。想像していたより、もっとずっと若かったです。(;゚Д゚)

星風まどかマリアは最初のまるっきりの子どもから、

たったの2日間での成長がすごく伝わってきて。

どんどんストーリーが進むにつれて表情や話すことが変わっていって。

凄かったです!

まかまどのトップコンビもとてもお似合いで。

まるでトニーとマリアみたいに

運命の相手だったんじゃないでしょうか。

2人の並びも好きです!!

そして和希そらのアニータ!!!

もう、男役とか女役とか

ましてやタカラジェンヌとかじゃなくて

アニータそのもの!!!

アニータが

そこにいた!!!

男役がする女役特有の色気があったりすると思うんですけど、

そらはアニータとして生きていてアニータを演じていたのであって、

もうタカラジェンヌとか何もかも超越していて。

ただ凄かった!!!

マリアといるときはお姉さんのアニータ。

ベルナルドといるときはいい女のアニータ。

女友達?お仲間?といるときはまとめ役、リーダー各のアニータ。

1人でいるときももちろんアニータ。

ダンスしてる時もかっこいい女アニータ。

腰に手を添えてただ立ってるだけでも素敵アニータ。

この腰に添えた手がかっこよくて、そんな仕草1つでも魅了されちゃいました。

あの低い声もステキだったし。

ダンスももちろんかっこいい!!

ベルナルドを見つめる瞳に愛があふれてるし。

マリアにベルナルドのこと話すときもいいっ!!!

そばにいないときに愛する人を語るときのアニータからの愛のだだもれ感。

愛があふれる優しい女性なんだな~とか思い。

自分の最愛の人が殺されても

その殺人者のトニーを愛するマリアを理解できるアニータって…。

どんだけ深くマリアを愛してるのか伝わってきて…。

それなのに、ドクの店で乱暴されて。

最後にトニーに死を与える言葉を発してしまう。

この場面の悲痛な叫びが辛くて。

どうしようもなく涙がながれてしまって。

観ながらこちらも辛かった…。

マリアが言ったセリフの

「私たちみんながトニーやベルナルドやリフを殺したのよ」

(ちゃんと憶えていなくてだいたいこんな感じ)

が悲しい…。

もう号泣でした。(ノД`)・゜・。

そしてカーテンコールで笑顔で踊ってる姿の出演者のみんな観たら

さらに号泣!!!

余計に悲しくなってしまって。

どうにか死ななくてすまなかったのかとか

今観ているみんな笑顔の世界がホントじゃないんだとか…。

最後の真風凉帆として挨拶しているときまで

号泣っ!!!

なんだか自分でも自分の気持ちがよくわからくて。

でもとにかく、素晴らしい作品で

宙組の新しい出発を飾れて、

しかも劇場で目撃できて!!!

よかったです!

ありがとうございます!!

あ、今日の公演にはWSSに出演されてた星組OG

稔幸さん以下26名ほどいらしていたそうで。

確かにたくさんの方が関係者入口から出てくるな~

とは思ったのですが。

しばわんこの席からはどなたかは

残念ながら確認できませんでした。

でも一緒に観劇できて嬉しいです!

(すみません、ただのミーハーで…)

他の方の感想も次回以降書きたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする