雪組「ひかりふる路」「SUPER VOYAGER!」ライビュ観てきました!!!感想②

こんにちわ!しばわんこです。

本日はこちら

雪組ライビュ好きなとこの続き

第7場

「今」の直前のマリーアンヌの

「そうね、幸せだった」の

何とも言えない本当に幸せいっぱいの表情

(´▽`*)

この時にマクシムはマリーアンヌに

恋に落ちてしまったのでは?

それとも

幸せというものに

初めて実感を伴って触れたのかな…

思い出しながらも切ない…

第8場 新しい生活

女革命家のオランプたちに会うマリーアンヌ

どんなに今日が辛く苦しくても

耐え忍ぶのではなく

明日を、未来を思って生きようと

自分の手で切り開いて

銀橋で新聞を胸に

涙しながら辛い過去を忘れて

前を、未来を考えてもいいのかもしれないと

少し許せたのかも

革命に殺されずに

1人だけ生き残った自分を…

その後本舞台では

ガブリエルの死

ダントンの「俺を1人にしないでくれ」が響く

大きい背中が小さく見える

短い場面でもとても印象に残っています

短いから余計にかも

第9場 ジャコバンクラブ

サン=ジュストたちの

「マクシムっ」「マクシムっっ」のくい気味のせりふだけで

遅いじゃないか、一刻も早く知らせるべき

重要なことなのにっていうのが感じられて

観ているこっちも前のめりになってしまう

ダントンの裏切りを告げるときの配置

マクシムの背中とサン=ジュストの正面

見えないマクシムの表情、心情を思うしかない

友人のはずの人の有り得ないこと

いや、もしかしたら…?

などと葛藤が渦巻く心

観客もマクシムと一体になったように

サン=ジュストを見て考えてしまう

演出家生田先生の手のひらの上に転がされている感じ

…好きです(´ω`*)

第10場 国民公会

マクシムの理想を否定したダントンを追放し

「アデュー シトワイヤン ロベスピエール」と言われ

もうマクシムは今までのマクシムではなくなり始めたのか

恐怖政治を思いつき

「~断罪である!!!」から始まる

第11場 恐怖政治にはもう支配者になってしまった

螺旋階段の上から世界を見下ろすマクシム

もう仲間たちと同じところには

立っていない

あんなにいさかい合っていた国民公会ですら

皆同じ板の上に立っていたのに

まだ感想続きます…

スポンサーリンク

シェアする