「あかねさす紫の花」が現代に復活!相聞歌が詠まれた蒲生野で(滋賀県東近江市)

こんばんわ!しばわんこです

本日はこちら

「あかねさす紫の花」が現代に復活!

「茜さす 紫野行き 標野(しめの)行き 野守は見ずや 君が袖ふる」

「紫草(むらさき)の にほへる妹を 憎くあらば 人妻故に われ恋ひめやも」

が詠まれたという蒲生野、今の滋賀県東近江市の山間部の奥永源寺で

「ムラサキ」が自生していたという記事がツイッターでまわってきて

頭では実在の人物のお話とわかっていたものの

心の中ではふわふわとした夢、幻でしたが

この記事を読んだら、

とたんにあのちなつちゃん(鳳月杏)の中大兄皇子が、

みりおたん(明日海りお)大海人皇子が

そしてゆきちゃん(仙名彩世)の額田女王達が

実感を伴って生きていたのだと思うに至って

不思議ですけど時間は続いているだなぁ~と

遠い歴史だったものが急に身近なものになりました

5/25に観る予定のライビュのBパターンもまた違った思いで臨むことになりそうです

産経ニュースWESTの記事はこちら

「ムラサキ」を復活させている地域おこし会社

株式会社みんなの奥永源寺のHPはこちら

紫草からあかねさす紫の花の世界へ

「ムラサキ」を使った化粧品もありましたよ~

劇場とかにあったら買っちゃいそうですね~(*´з`)

タカラヅカからステキな世界が広がりますね!!

本日はこの辺で

また次回!

スポンサーリンク

シェアする