10/19月組「エリザベート」初日観劇!!!

こんばんわ!しばわんこです

本日はこちら

10/19月組「エリザベート」初日観劇!!!

本日初日おめでとうございます!

そして初日観劇はなんと

東京宝塚劇場、宝塚大劇場含めて

初めてでした!

当ててくれた友の会ありがとうございます

\(^o^)/

安定のB席ですけれど

席はいつもと同じところでも

緊張してましたね~

公演デザートは

「ミルク風呂マージュ~お腹が空っぽのままじゃ帰れない!~」

食べてきました

一番上にのってるガトーフロマージュが濃厚!

ミルクプリンは固めでマスカルポーネのクリームと一緒に食べることで

イイ感じにまざりあうのもおいしかったです

クッキークランチはあんまり気づかずパクパク食べてしまいました

スミレのゼリーがミルクプリンの白とキレイなコントラストでした

公演の感想は

今日は全体的なことを

客席は緊張しているようで

(というかしばわんこが緊張してた…)

舞台にとても集中している感じでしたが

たま様(珠城りょう)はじめ月組生みんなも

緊張と集中が入り混じっているようでした

今日は2階席から観たので全体を観ることになり

違った印象が強くなったのだとは思いますが

今回の「エリザベート」の世界が今までとはまるで違って見えました

鏡に映し出されている世界だったり

エリザベートの孤独、自由という希望

トート閣下とエリザベートの対比

フランツとエリザベートのすれ違い

エリザベートとルドルフ

エリザベートとヴィンディッシュ嬢

などなど

今まで「エリザベート」と

こんなに変わって見えるのかと驚きでした

10回目の公演で

生で観劇するだけでなく

映像でもなんども繰り返し見ていて

歌も演出も覚えていたこともあるからでしょう

今更ながら新しいエリザベートなんだと

改めて感じました

そしてムラで観た時よりも

たま様のトート閣下はお歌がのびやかに出るように

なったところが多いなと感じましたし

ただ佇んでいるところの無と人と接するときの動の差が

よりくっきりしていたように感じました

ちゃぴちゃん(愛希れいか)のシシィは子供時代から亡くなる時までの

人生の喜び、哀しみ、苦しみなど感情がより伝わってきたように思います

今日の♪私だけに は圧巻で拍手が鳴りやまないんじゃないかと思うくらいでした

書きながらいろいろな思いがあふれてきて

あれもこれもとなってしまうくらいで

芝居のエリザベートだったのかなと

フィナーレになっても涙が止まらなくて困りました(;^_^A

カーテンコールも最後(あれは3回目?でしょうか)

スタンディングオベーションで!

自然な感じで皆様立っていてそれにも感動でした

次回以降は細かく感想書いていきたいと思います

今回はこの辺で

また遊びに来てくださいね~

スポンサーリンク

シェアする