11/30~12/1雪組「ファントム」ムラ遠征してきました!今更ながら望海風斗は凄すぎた!!!

こんばんわ!しばわんこです

本日はこちら

11/30~12/1雪組「ファントム」ムラ遠征!

行ってまいりました!雪組「ファントム」

凄い、凄いと聞こえてきていましたが

想像をはるかに超えていました!!!

そして座席の破壊力たるや…

11/30は1階A席ほぼセンター

12/1マチネはB席上手

そして今回最大のドキドキは12/1のソワレが

阪急交通社貸切で

SS席2列ドセンター!!!

オペラグラスなしで何もかも見えすぎる…

心臓ドキドキしすぎて痛かったです…

止まっちゃうんじゃないかと思ったくらいで…

(実はエリック最初の登場の階段に座ってるところで

オペラグラスで観たのです…思ってたより遠かった…(;^_^A

視力悪くて…眼鏡かけて0.7くらいで

でも全く必要なかった……

最初なんでよく見えなかったのか…ナゾです…)

望海風斗は凄まじい!!!

「ひかりふる路」でも感じてたハズなのに

なぜか忘れてて

今更ながらのぞさま(望海風斗)は凄まじい!!!

どこの席に座っていても

伝わってくる

今思えばB席が一番感じてたような気も?

もちろん、映像でも、CDでものぞさまの歌声は

素晴らしい!!!

でも劇場で生で聴く歌声は違いすぎる

やっぱり生でしか味わえないものがあって

波動って言えばいいのか

その正体は何なのか分からないけれど

もちろん体に伝わるものだけでなく

体の中の心、魂に直接響いてくるものがあって

体も心も震えて、気づいたら

涙が出てくる

どんな感情で涙が出るのか

頭、心にも、その感情が何なのか

理解が追いつかない

エリックの気持ちが歌声からダイレクトに

体の内側に入り込んでくるのか

何も理解できなくても

もう心が先に感じている

幕が開いてすぐのエリックの歌から泣けて仕方なかった

フィナーレののぞさまエリックが大階段で歌ってる時も

泣けた回もあって

泣いていない時の方が少ないんじゃないかって

いうくらい泣いていて…

エリックに同化して一緒にその時間を生きていたのか

観終わったあとの体はしんどかったけれど

心はあまりにもスッキリと浄化され

すがすがしかった

ありとあらゆるいらないものが涙と一緒に

流れていったようで

エリックも悲しみも苦しみも何もない

幸せな世界にいるのかもしれない

そう思わせてくれた

フィナーレまでずっとエリックだったことも

その一因なのかも

きっと最後にはエリックは幸せな世界にいると…

その世界がきっとあると……!

今回は書けなかったけれど

クリスティーヌがまあやちゃん(真彩希帆)だったことも

もちろん大きいと思う

2人の重なり合い、とけあうデュエットがまた素晴らしかったことも

付け加えておきます!!

いくら書いても書ききれる気がしないけれど

できるだけ書いていきたいと思います

…書けるかわからないけれど(;・∀・)

今回はこの辺で

また遊びに来てくださいね~

スポンサーリンク

シェアする