「CASANOVA 」千秋楽によせて

こんにちは、しばわんこです

今回はこちら

「CASANOVA 」千秋楽おめでとうございます

とうとう本日千秋楽ですね

朝は風が強く吹いていたようですが

晴れてよかったですね!

しばわんこはライビュ取れず…

お家でスカステで

花組さんに思いを馳せております

劇場で観ることはできたので…

これから映像を見るときに

劇場ではこんな感じだったなぁと

思い出せるでしょう、きっと

なんとなく、ぼんやりでも

劇場で観ていない作品は

どうしても感覚が違っていて

映像を見る行為は同じなのに

不思議です

仙名彩世さまへ

ここからはゆきちゃん(仙名彩世)への

思いを少し

トップ就任が発表されたとき

娘役さんとしてはめずらしく

しばわんこも知っていて…

スカステを引っ越してから

数年見ていなかったことと

観劇も1公演1回に減っていたため

(そのときの仕事が日曜日しか休みが無く

取れない、諦める、取れないの悪循環…)

男役はまだ3〜4番手くらいまでは

わかっていても

娘役さんはトップさん以外は上級生数人

しかわからなくなっていました

でも

ゆきちゃんは知ってる!

おめでとう〜🤣よかったね〜🤣🤣

という謎な立ち位置で

全国ツアーのメルトゥイユ侯爵夫人の

気高さと激しさ

卑弥呼さまの少女から威厳のある

女王への成長

シーラは人からヴァンパネラに

妖艶さがまさしく人ならざる者

額田女王の生々しい感情はあの時代にも

人が生きているということを

感じさせてくれました

最後のお役ベアトリーチェでは

まんまゆきちゃんでは⁈

なんて思ってしまう

元気で自分に正直で積極的で

迷っても自分の本当の思いを大切にする…

もちろん本当のゆきちゃんなんて

しばわんこには知りようも

ありませんし、ベアトリーチェは

ゆきちゃんが演じているお役であって

ゆきちゃんではないのですが

そう感じさせてくれる演技が

素晴らしく

ファンが宝塚の娘役とは

こうあるべきと

つい型にはめてしまいがちなところを

ぎったんぎったんに

壊してくれたなぁ〜と

こんなにステキなお役を

宝塚でみせてくれて

本当にありがとうございます

という気持ちです

ベアトリーチェは

宝塚らしくって

でもらしくなくって

でもでも

ステキで愛らしくって

とにかく

ゆきちゃん好きだったけど

最後にして

もっと好きになりました!❤️

そして

じゅりあさん(花野じゅりあ)

べーちゃん(桜咲彩花)

るかくん(碧宮るか)

たまごちゃん(茉玲さや那)

ももちゃん(凛香百音)

今までありがとうございました!

花組生プラス夏美ようさんたちが

最後の最後まで無事に

舞台つとめられますよう

祈ってます!!!

今回はこの辺で

最後まで読んでいただき

ありがとうございます😊

スポンサーリンク

シェアする