8/8帝劇「エリザベート」観劇しました!

こんばんは、しばわんこです

今回はこちら

帝劇「エリザベート」観劇

今回の主なキャストはこの方々です✨

ラッキーにも前回とは全員違ったのです〜

しばわんこはいろいろな人が見たいので

嬉しいのです〜😆

今回のエリザベートはなんとか2回取れたのですが

さすがに3回は取れず…

トリプルキャストの方は拝見できず残念😵

でも今回のエリザベートは好きなテイストの

作品、演出だったので

何回も通いたくなりました〜😊

(通えるワケではないです…)

エリザベートとトート役は2人ずつ4人観られたわけですが

もう1つの組み合わせも観てみたかったし

ゾフィーのたーたん(香寿たつき)も

観たかった〜😭

宝塚が中心なのでOGさんや外部の舞台までは

(時間も資金も有限なのだ〜😖😖😖)

手が回らないので…😫

宝塚も思う存分回数行けるわけではないですし

自分の行ける範囲で楽しめればいいかな〜と

(と、時々自分に言い聞かせている…)

花總まり=エリザベート

宝塚初演からエリザベートは観ているのですが

花ちゃん(花總まり)はエリザベート

エリザベートは花ちゃんなのです

そして

一路真輝さんは永遠にトート閣下なのです

(東宝版でエリザベートもされていましたが

しばわんこにはやっぱりトート閣下なのです)

もちろん宝塚のエリザベートとは

東宝版は

まったく違うエリザベートなのですが

品も失わずリアルな感覚も感じさせる

人ではないようでいて

でも苦しみや葛藤を感じさせ

少女から晩年までの時間を

生きていて

エリザベートがまさに今、生きているのを

時空を隔てた別次元から見ているような感じ

でしょうか

ただエリザベートである

ただそれだけ

芝居を観る、というより

エリザベートがそこにいる感じ

それに

やっぱり好きなんですよ!

花ちゃんが!!!

宝塚を退団されてから舞台に出られるように

なるまでだいぶ期間が長く

もう芸能活動はされないんだろうなぁと

諦めていたので

活動されたときの驚きと喜びは

なんとも表現しがたいものがあります

(でも全部は観に行けないのですが…😅)

今日も舞台に立ってくれて

ありがとうございます!😊

です!!!

花ちゃんのここが好き

今日久々に観られて

あぁ〜これ好きだったなぁ〜

と思ったところがあって

バートイシュルの場合で

花ちゃんエリザベートが走ってる、

駆けていく動きがあって

走り方が特徴的で

懐かしく宝塚時代を思い出しました

あの場面のすっごい楽しい感じも

可愛くて💕😆

そんなにキャッキャしてたから

フランツに見初められたんじゃ?

とか思ってました🥰

ほんっとうに

楽しかった〜✨✨✨

またいつか観に行けますように!!!

今回はこの辺で

最後まで読んでいただきありがとうございます😊

スポンサーリンク

シェアする